社員紹介

輸出カスタマーサービス部 米州・欧豪・アフリカ課 所属

膨大な関係者を情報で繋ぐ
ONE JAPANのハブを担う。

2019年入社
輸出カスタマーサービス部  米州・欧豪・アフリカ課 所属

S.O

女性が多く、休みも取りやすい環境と知って入社を決断。

愛媛で生まれ育ったので、幼い頃から船は身近な存在でした。学校の美術の時間に、写生大会で船の絵を描いたこともあり、生活の中に自然に船があったんです。そんな、慣れ親しんだ船関係の仕事に就きたいと思ったのが入社のきっかけ。愛媛は造船業が盛んなため、地元と関わる機会もありそうですし、グローバルに働けそうという点も好印象でした。ただ、留学経験があったわけではなかったので、英語への不安は若干ありました。でも、実際入社してみたら先輩もフォローして下さるし、仕事をしながら英語も学んでいけるので問題なかったですね。もう一点だけ、女性の働きやすさという観点も少し心配でした。深く調べる前は漠然と、海運=男性社会というイメージがあったんです。海の男たちが集まる体育会系の会社なんじゃないかと身構えていましたが、嬉しいことに杞憂に終わりました。担当してくださった面接官も2人とも女性で穏やかな方でしたし、産休や育休をはじめとした制度面も万全で、むしろ女性が働きやすい会社だとわかり、安心して入社を決断できました。働きやすい会社というイメージは入社後の今も変わっていません。むしろ、より強くなっていますね。仕事柄海外が好きな方も多く、長期休暇をとって海外旅行に行く同僚も多いですし、制度があるだけでなく、それを活用しやすい雰囲気があるなと感じます。

膨大な情報を、誰に、いつ、どう届けるかを瞬時に判断する職人芸。

入社してからは一貫して、輸出に関するカスタマーサービスを任されています。私の担当は、米州と中南米。基本的には、営業をサポートする立場で関係各所への連絡を行うハブのような仕事です。お客様からブッキングのオーダーが入ったら、営業やマーケティング担当、ターミナル等へ必要な情報を連絡して、輸出業務をスムーズに進行しています。ハブのような仕事と言いましたが、まさに情報の伝達がこの業務の肝。関係者も多岐に渡るため、この情報は誰にどのような形でいつまでに届けなければいけないのかを即座に判断しなければなりません。その上、スピードも求められるのがカスタマーサービス。私が判断に迷っている時間、情報がストップしていることになるため、その分後工程が遅れます。膨大な情報を、数多くの関係者に、適切に、迅速に届ける。熟練したカスタマーサービスの先輩を見ていると、これはもう職人芸だなと思うこともあります。特に魅力的なのが、身に付く知見の幅広さ。情報を適切に届けるには、相手の仕事を理解している必要があります。時期や案件ごとの特徴まで理解した上で、この情報はなぜ必要なのかを想像し、目的に合わせて届ける。そんな業務に精通すれば自然と社内の各部署の仕事へ理解が深まっていくんです。今後、どの部署に異動するとしても確実に活かせる知見が身についている実感はありますね。

コンテナ船で運ぶ膨大な貨物、その一つひとつにストーリーがある。

普段から多様な学びが得られる面白い仕事ですが、特にやりがいの大きかった案件があります。ある貨物を輸出するというものでしたが、その貨物というのが取扱いが難しい代物。厳格な安全管理が求められるため、梱包から搬入、輸送方法への注意も必要でした。荷揚げ先の国に受け入れ態勢があるかや、普段では必要のないような書類まで確認しなければなりませんでした。手探りながらも絶対に事故だけは起こさぬよう、営業をはじめとした関係部署全員と密に連携を取り合いながら進めました。途中、あまりの書類や手続きの多さに心が折れかけましたが「この貨物を待っている人がいるんだ!」と言い聞かせ、なんとか無事貨物を送り届けることができました。あの達成感を超えるものは後に先にも経験がないですね。大変なプロジェクトだったからこそ、一緒に乗り越えた営業の方とも仲良くなれましたし、自分の自信にもなりました。外から見たら、コンテナを船に積んで荷物を運んでいるだけ。でも、そのコンテナにはたくさんの貨物が詰まっていて、その一つひとつに送り元と送り先のお客様がいる。そして、その輸送を確実に完遂するために自分を含めた膨大な人間が、あらゆる工夫と努力を凝らしているんだと実感できたエピソードでもありました。そんな、貨物の裏にあるストーリー全体を見ることができるのも、この仕事ならではの魅力なのかもしれないですね。

1日のスケジュール

  • 09:00

    メールチェック

    溜まったメールの確認と返信を行う。

  • 10:00

    電話対応

    お客様や営業、その他関係部署からの問い合わせ電話に対応。

  • 12:00

    昼休憩

    弁当を持っていくことが多い。同僚と雑談しながらのランチは憩いのひととき。

  • 13:00

    メールチェック

    午前中の他業務対応中に溜まったメールの確認と返信を行う。

  • 14:00

    打ち合わせ

    担当案件の進捗確認や連絡事項の共有を行う。

  • 16:00

    トラブル
    シューティング

    天候等による予期せぬトラブルにも迅速に対応。

  • 17:00

    情報整理

    ブッキング内容をまとめたエクセルの整理など、情報を整理して資料をまとめる。

  • 18:00

    退社

    退社後の楽しみだった喫茶店での読書タイムはコロナで中断中。

キャリアステップ

  • 1年目

    カスタマーサービス部へ配属

    米州と中南米担当として営業のサポートを行う

TOP