人財育成

「個人の成長」と「会社の発展」の両立を目指しています

ONE JAPANではコンテナ定期船業務に精通し、CORE VALUESの体現や、各階層で求められる役割を全うできる人財への成長を目標としています。
OJT・ジョブローテーション制度、研修制度、自己啓発支援制度の3つを大きな軸として、体系的な人財育成を展開しています。

3つの施策でキャリア形成を支援

3つの施策でキャリア形成を支援

研修制度

ビジネスパーソンとして各階層ごとに求められるスキルや、
当社の業務に関わる専門スキル等を体系的に習得できる機会を提供しています。
各自の業務都合に合わせた受講や、昨今の新型コロナウイルス禍においてはオンラインで受講もできる等、フレキシブルな仕組みであることも特徴です。各部門主催の勉強会なども随時実施しています。

自己啓発支援制度

オンライン英会話の受講や、資格取得の補助を通じて、従業員の自己成長を支援しています。

OJTトレーナー制度

新入社員には1人に対して1名、先輩社員が専属のトレーナーとして実務の指導を行います。各部門での育成計画の策定支援をはじめ、定期的な人事面談等を通じて、配属後も会社全体で新入社員をサポートしています。

ジョブローテーション制度

新入社員は入社後10年間を目安に、フロントオフィス(営業本部)・ミドルオフィス(マーケティング部・ネットワーク・コンテナ統括部・港湾部・コンテナオペレーション部)・バックオフィス(業務プロセス部・人事部・企画経理部・法務総務部)の異なる3部門を経験できるよう、ジョブローテーションを行います。様々な業務を経験することで、コンテナ定期船業務に精通したスペシャリストへと成長していきます。

TOP